全国的にトライアスロン大会が増える中、広島県や周辺でも大会が相次ぎ、選手の「争奪戦」が過熱している。かつては少ない大会に申し込みが殺到したが、ことしは定員割れも相次ぐ。選手の選択肢は増えた半面、主催...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)