投手陣は計12安打と打ち込まれ、ここぞの場面で守備が乱れた。打線も勝負どころで快音が響かず。三菱重工神戸・高砂が創部100年目で立った東京ドームの舞台は、ちぐはぐなままわずか1試合で幕を閉じた。 ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)