「まずい」。ミットを構えながら、愛産大三河の主将、山本凌輔捕手(三年)は思った。2-2で迎えた八回2死三塁。出したサインは外角のボール球だったが、直球がわずかに内側の高めに入ってきた。打者は見逃さず...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)