延長戦にもつれた接戦を制した中津南。勝利をたぐり寄せたのは佐野悠太主将(3年)の思い切った一振りだった。  延長十回表に勝ち越しを許し、迎えた中津南の裏の攻撃。先頭の浦野拓海(2年)が安打出塁し、佐...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)