興南のマウンドに上がったのは、昨年侍ジャパンU―15に選出され、国際大会に出場した1年生左腕・宮城大弥だった。  準決勝までに打者50人に対し21奪三振を記録。重圧のかかる決勝の舞台でも、力強い投...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)