福岡大会では春夏連続出場を目指す福岡大大濠が4-1で福岡舞鶴に逆転勝ち。エースの三浦銀二(3年)が今大会初失点を喫したものの、自らの決勝打と粘りの投球でチームをベスト16で争う決勝大会へと導いた。シ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)