荒尾市の荒尾四中弓道部は4月の県選手権男子団体で準優勝し、今月17日の全日本少年武道錬成大会に挑む。指導者の高齢化などで事実上の廃部が決まっており、団体では最後の大舞台。「一つでも多く勝ちたい」と練...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)