6月にドイツであった卓球の世界選手権個人戦の混合ダブルスで日本勢として48年ぶりの優勝を果たした山口市出身の石川佳純選手(全農)と同市の野田学園高出身の吉村真晴選手(名古屋ダイハツ)が15日、山口市...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)