松阪に2―10の七回コールド負けを喫した名張だが、0―10とリードされて迎えた七回、この回先頭の3年生川口が大会第1号となるソロ本塁打で反撃の口火を切った。「フルスイングじゃなかった」が、松阪主戦柴...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)