七回1死満塁。同点の1点、さらに勝ち越しの1点を許し、なおピンチが続く。成章の小久保椋投手(三年)は、使い古したグラブを見つめた。「兄ちゃんの借りを返したい」。気持ちが引き締まる。連続で三振を奪って...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)