福岡大会は選抜大会8強の東海大福岡が高稜に10-0で5回コールド勝ちし4回戦に進んだ。遠藤秀斗(3年)が初回に公式戦1号の先制2ラン、3回はソロ。5月まで高校通算0本塁打だった4番が、大化けの予感漂...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)