8月にクロアチアで開かれるバトントワリングの世界大会に日本代表として出場する県内の高校生3人が12日、県庁に池田幸博教育長を訪ね、活躍を誓った。  訪れたのは、開志国際高2年の岩渕圭登(けいと)さ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)