2020年東京パラリンピック出場を目指すブラジル視覚障害者柔道チームが合宿候補地の青森県弘前市を12日から訪れており、13日は弘前大学で同大柔道部と稽古を行った。選手4人が真夏の暑さの中、大粒の汗を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)