東京都大田区の町工場が中心となって国産のそりを開発する「下町ボブスレー」プロジェクトで、来年の平昌冬季五輪を目指すジャマイカの女子選手に供給する最新型の10号機の部品製作がピークを迎えている。職人...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)