狭山ケ丘は1点を追う九回に野村のスクイズで同点、長谷川の中前打で逆転した。正智深谷は七回から再登板した坂田が守り切れなかった。 ■父への思いよ届け/狭山ケ丘  執念のぶつかり合いの末、最後に笑っ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)