九州豪雨で甚大な被害を受けた福岡県朝倉市の朝倉高と朝倉光陽高が12日、全国高校野球選手権福岡南部大会の2回戦で対戦した。地元では行方不明者の捜索が続き、一時は試合の実現すら危ぶまれたが、両校の選手や...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)