身長一七五センチ、体重八五キロのがっちりとした体が、大きく跳びはねた。  滋賀短付の三塁コーチを務めた吉田悠太朗選手(三年)。七回2死一、二塁から、一塁手の頭上を越えた打球を見て思い切り腕を回し、...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)