はやる気持ちが空回りした。一回、塩尻志学館1死二、三塁の好機。先制点を取ってチームに弾みを付けたい。四番の日原悠貴選手(三年)は直球に狙いを絞り、真ん中低めの球を振り抜いた。タイミングが合わず、遊ゴ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)