先発・斎藤が4回11安打8失点と炎上、残酷な現実を突き付けられた  6月14日中日戦以来、約1カ月ぶりの1軍舞台。気を付けていたはずの序盤から、つまずいた。一回二死三塁からロメロに先制の適時左前打...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)