日本相撲協会は11日、九州北部の豪雨の被災地支援で、大相撲名古屋場所を開催している名古屋市中区の愛知県体育館に募金箱を約10カ所設置した。協会の社会貢献部の親方が中心となり、来場者らに募金を呼び掛...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)