集中力を切らすことはなかった。抱えた点差は11点。敗色濃厚の中で迎えた八回だった。先頭打者で迎えた打席で、山崎福の変化球を右前に運び、チャンスメーク。チーム唯一のマルチ安打を記録した。  「無駄な...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)