新田暁を夏初めての8強へ導く―。そう誓って主将のエースはマウンドへ立った。「低め、低めへ」。額に流れ落ちる汗を何度も拭いながら、ミットへ向かって右腕を振り続けた。伸びのある135キロ前後の直球を軸に...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)