好機を堅実に得点に結びつけ、ピンチを最少失点でしのいだ竹田が主導権を握り、2回戦進出を決めた。上尾隆一監督は「よく粘り、守り抜いてくれた」と選手の頑張りをたたえた。  1点差に詰め寄られた直後の四回...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)