全九州高校体育大会は9日、各地で9競技を行った。水球は宮崎工が25年ぶりの優勝を果たし、2年連続の全国総体出場を決めた。ソフトテニスの男子個人戦は川崎浩希・森田晴紀(都城商)が永井秀一・渡辺聖弥(延...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)