四回、4点を取られてなお2死満塁のピンチに小牧の捕手、井上怜選手(三年)がエースに笑顔で声を掛けた。「余裕を持っていつも通り投げよう」。ピンチでも強気の配球で引っ張った。後続を打ち取り、五回以降は無...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)