前に落ちた打球を右手のグラブでつかむと、すかさずグラブを左腕にはさみ、右手で投げる-。五回、打球が左翼方向に飛ぶたび、進塁を防ごうと送球を急いだ。  南陽の村井渉主将(三年)は、先天的な障害で左手...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)