昨夏は秋田大会決勝で逆転負けを喫し、つかみかけた甲子園切符を逃した。主戦小木田敦也(当時3年、現TDK)を中心に勝ち進み、決勝は五回まで6―1と大曲工を5点リード。だが、六回の守備で小木田の右脚に打...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)