福島成蹊が効率良く得点し7―3で白河を下した。  「打った瞬間に、左脚の付け根をつってしまった」。6回1死二、三塁から左前に適時打を放った福島成蹊の6番佐藤昂(3年)は左脚を引きずり、一塁まで走り切...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)