勝利への思いを乗せた打球が左翼線を破ると、東北楽天ベンチは歓喜に包まれた。2-2の八回、代打アマダーが勝ち越しの2点二塁打。追い付かれた直後の攻撃とあって、寡黙な助っ人は「少なくとも1点をチームのた...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)