多くの高校球児にとって、最後となる夏が今年も群馬に訪れた。白球にささげた汗と涙は、ゲームセットの一瞬に“結論”が出る。甲子園を夢に抱いた2年半を振り返るとき、彼らは何を思うのか。勝ち負けを超え、球児...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)