東北楽天が終盤の競り合いを制した。2-2の同点とされた直後の八回、無死満塁から代打アマダーの左翼線を破る2点二塁打で勝ち越した。先発美馬は6回無失点。2点リードの九回は松井裕が三者凡退で締め、24セ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)