「秋の新チームのような状況だ」。工藤明監督は苦渋の表情を浮かべる。けが人が続出して捕手や内野手を固定できないからだ。「負の連鎖だ」と本音を漏らしながら、「アクシデントを乗り越えて、強くなってくれるこ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)