代打のコールに大歓声が沸く中、大谷がゆっくりと打席に向かった。1―4の六回一死二、三塁。7番の石井一に代わって登場。安打で1点差、オーバーフェンスで一挙同点。舞台は整った。  ソフトバンクは先発の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)