東北楽天は今季2度目の零敗を喫し、開幕から守り続けた首位から陥落した。  打線は七回まで4安打を放つのがやっとで、三塁を踏めなかった。八回に築いた1死一、三塁では、アマダーと銀次が凡退、好機を生かせ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)