【シカゴ共同】米大リーグは5日、各地で行われ、カブスの上原がシカゴでのレイズ戦で4番手として登板し、5―3の八回2死一、二塁で空振り三振を奪う好救援を見せた。この回限りで降板し、勝敗は付かず、チー...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)