東北楽天は佐々木を打ち崩せそうで崩せないまま、1-2の劣勢に立たされた五回に勝負の分かれ目を迎えた。チーム最多の18本塁打を誇る一方、実は俊足のペゲーロが巧みな走塁による内野安打で逆転劇を演出した。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)