東北楽天の釜田が6回2失点と先発の役割を果たし、4勝目を挙げた。「走者を多く出してしまったが、なんとか粘れた」と大きく息をついた。  毎回走者を背負った6月13日のヤクルト戦の反省を踏まえ「三者凡退...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)