2020年に控える東京パラリンピックを見据え、国は障害者スポーツの競技レベル向上を進めている。一方で、選手を指導したり競技を手伝ったりする人材は不足している。一般の視覚障害者が自由に運動する環境も整...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)