太平洋戦争末期に鳥取県大山町で75人以上が死傷した大山口列車空襲の慰霊碑の下に埋められたタイムカプセルが4日、同空襲被災者の会(金田吉人会長)のメンバーらによって25年ぶりに開封された。犠牲者の遺品...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)