J1仙台は4日、DF永戸勝也が右足くるぶし付近の脱臼骨折と靱帯(じんたい)損傷をし、3日に仙台市内の病院で手術を受けたと発表した。全治約6カ月の見込み。  クラブによると、1日のリーグ戦第17節G大...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)