東北楽天は守備のほころびから試合の流れを手放した。2点リードの五回に三本間の挟殺プレーで三走の生還を許す痛恨のミス。梨田監督は「美馬はガクッときたと思う」と振り返り「(この回の)7失点はあまりにも重...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)