カヌー・スラロームの日本代表選手4人が2日まで3日間、昨年の岩手国体のために整備された奥州市胆沢区若柳の奥州胆沢カヌー競技場で、世界選手権に向けた最終合宿を行っている。安定した水量や流速が高い評価を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)