前節C大阪戦は序盤の好機を逃し続けた結果、相手にカウンターから先制を許し、主導権を握られて敗れた。攻守の要の石原、平岡は同じ過ちを繰り返さないよう気を引き締める。  「ここ最近、試合の入り方はいいが...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)