東北楽天の福山が、今季30試合目の登板も1回を自責点0で抑え、開幕から防御率0.00(失点は1)を継続するという抜群の安定感を見せた。  4-3の七回に3番手でマウンドに上がり、1死から柳田の中前打...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)