バレーボール女子チャレンジリーグの仙台ベルフィーユが23日、チーム解散の方針を決めた。経営悪化を理由に日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ機構)から退会勧告を受けての決断だが、クラブの内部対立も浮き...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)