大相撲の横綱稀勢の里が29日、名古屋市内の病院を慰問し、約1時間で32人の入院患者と触れ合った。一人一人にサイン色紙を手渡し、55歳の男性患者から「場所に間に合いますか」と聞かれ「初日には間に合う...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)