不振だった1番島内が決勝2ラン。同点にされた直後の三回、1死一塁から外角高めの変化球を左翼席に運んだ。「一本出て良かった」と心底ほっとした表情だ。  負傷の茂木に代わり1番に座って5試合で20打数2...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)