逆転しても投手陣が踏ん張れず、突き放す好機では打線にあと1本が出ない。どうにも投打の歯車がかみ合わず、大谷の復帰後初タイムリーも勝利にはつながらなかった。  1点を追う五回2死一、二塁の好機。栗山...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)