東京六大学とプロ野球。2年前の夏の甲子園大会で準優勝した仙台育英高のバッテリーは、それぞれ同じ壁にぶつかっていた。  春季リーグでベストナインに選ばれた慶大の郡司裕也捕手を取材した時、リードで苦心す...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)