左上腕などの負傷で先場所を途中休場した大相撲の横綱稀勢の里が27日、愛知県長久手市の田子ノ浦部屋で新大関高安と熱のこもった稽古を繰り広げ、名古屋場所(7月9日初日・愛知県体育館)へ本格的に始動した...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)